ローリスクの商品が良い

セミナー

資産運用や投資はリスクが高い、初心者には難しい、と思っている人が多いです。資産運用というと、株式投資やFXなどが取り上げられることが多いため、難しいというイメージを持っている人が多いです。しかし、資産運用の中には初心者向きの、リスクが低い商品も様々あるのです。上手に資産運用を行なうことで、人生設計を立てやすくなったり、これからの人生で必要になる資金を準備したりすることができます。資産運用には、ローリスク、ミドルリスク、ハイリスクの商品があります。リスクが低いと、その分リターンも少なく、リスクが高いとリターンが高いです。初心者に向いている資産運用は、ローリスクやミドルリスクの商品です。ハイリスクになってしまうと、1度の間違いで損失が大きくなってしまうので、ローリスク~ミドルリスクの商品が良いのです。

初心者向けの資産運用として、よく取り上げられているのが、不動産投資です。不動産投資とは、名前の通り土地や建物を使った投資商品のことです。不動産投資には、現物不動産投資と不動産投資信託があります。前者は、不動産を購入して、他人に賃貸して賃料収入を得るという方法です。アパート投資やマンション投資などと呼ばれることもあります。後者は、不動産を対象とした投資信託で、投資家からの資金を利用して、不動産を購入して投資するというものです。それで得た賃料収入を投資家に配当として渡します。なぜ不動産投資が初心者に向いているのかというと、流動性、換金性が高く、少額の投資で始められるからです。ただ、市場の影響を受けやすいので注意する必要があります。